一口に「キャッシング」といっても、銀行から街金まで

キャッシングの基礎知識

一口に「キャッシング」といっても、銀行から街金まで多種多様な借入先がある。これらは「消費者信
用」という産業に含まれるもので、各々が一要素として形成され機能している。「消費者信用」とは
『消費者の”信用”を最大の担保として行われる信用供与サービス』のことである。平たくいえば「人
身担保」と捉えていいだろう。「消費者金融」という言葉は、一般的に「無担保無保証融資(いわゆ
る貸金業者)の会社の総称」として解釈されているが、これはあくまでも便宜上の捉え方にすぎず、
正確には「消費者信用」における取引形態の種別のひとつとして解釈されている。定義として「直
接金銭を貸し付けるもの」をいう。

 

さらに、「消費者金融」というカテゴリーのなかでは二つに大別され、そのポケットのなかに各々の会社
が入っている。すなわち広く解釈されているところの「消費者金融」は、「消費者ローン」のなかに含ま
れる「消費者金融会社」の「無担保無保証融資を前提とする会社」を指していわれることが多いが、
厳密には事業者融資なども含むこれらの会社や業者の総括として「消費者金融」と称されている
のである。

 

実際問題、キャッシングを利用するうえでこの知識が直接必要になることはまずない。それよりも自分
が利用している会社の返済日や金利を覚えていたほうがずっと役に立つし、また大事だ。しかしこれ
から先、アナタがキャッシングであれショッピングであれ、『消費者信用産業内』で生きていくうえで、
常に”現在地”を把握しておく必要はある。この世界は、一見すると断片的な連携としか見えない
構図となっているが、複雑に絡み合った糸を解きはぐすとじつは「1本」につながっている産業なのである。