消費者金融がもっともイヤがる返済は「完済」することだ

返済方法のマル得知識

消費者金融がもっともイヤがる返済は「完済」することだ。そりゃ「いずれは完済してもらわなきゃ
イケナイお金」なのだが、そこは商売がゆえ儲けの意識が先に立つ。利用者からすれば「カネの
切れ目が縁の切れ目」と考えても何ら差し支えないが、業者からすればそれは「死活」につなが
りかねない。当然、「完済」できる利用者は返済能力の高い「いいお客さん」であり、そんな
奇特な人をみすみす見過ごすのももったいない限りだ。そこで、各社はアナタに気付かれない
ように”ちょっぴり善意”を見せて延命工作を図っている。

 

これはATMによる返済が主流になって生じた「副産物」だが、通常、返済金は「何百何十何円」
という”ハンパ”な金額でやり取りされる。しかし、消費者金融各社のATMはシステム上「小銭」
に対応していないところが多く、完済しようとした場合「もらいすぎ」が生ずる。それを「余剰金」
として一旦預かり、後ほど店頭に直接受け取りにきてもらうパターンもあるが、正直、業者としては
避けたい行為だ。それを受け入れることによって、その「いいお客さん」との「いいカンケイ」がコレで
終わりになるかもしれない。しかし、いくばくかでも”債務”が残っていれば「つぎ」につながる場合
もある。はて、どうしたものやら…。

 

そこで、窮余の策(善意だ!)として練り出されたのが「1千円未満の債務については、取引上
”完済”として扱う」とするカラクリである。すなわち「1千円未満」の債務は”オマケ”として「その分
は無利息で融資する形を取っている」ということだ。これで利用者の余剰金を預かる障害や
手間も省け、また帳簿上「完済」ともならず営業的にも都合がいい。さらに、イチパン大きい
理由として「いいお客さんを自分のところにつないでおける」という”一石三鳥”の効果を生んだ
のだった。これは、利用者から見ても「タダで貸してくれている」ことになるので、考えようによっ
てはありがたいかもしれない。ま、大した額ではないが…。

 

たしかに、店頭で返済をすれば”本当の完済”が可能になるが、多くの利用者はたとえ自動ドア
1枚開けたところがカウンターであっても、そこで返済を行おうとはあまり考えないものだ。この「1千円
未満債務」だが、解釈上「一生無視することも可能」で、金輪際、その消費者金融を利用しな
ければ無視できる。また、某社では「半年間、そのままの状態(該当期間内に、借入等あらゆる
取引がない場合)で”放置”しておくと、その債務自体が消滅する」ところもある。つまり「本当は、
何百何十何円の債務が残っているはずだが、それをリセット=『ゼロ』にしてくれる」ということだ。
ずいぶん気前のイイ会社もあるものである。