1990年代初頭、国民はバブル景気を謳歌し

『むじんくん』開発ヒストリー

1990年代初頭、国民はバブル景気を謳歌し、そしてイケイケで踊っていた。いや、踊らされていた。
金満ニッポン、ジパング。こそばゆいばかりの表現は、日本人の自尊心をくすぐり、そして微妙な
感覚をマヒさせた。無意識のうちに、お金を尊いものとして捉える意識が薄れ、ノー天気に浮か
れていた時代。その後、不況のドン底に突き落とされる前の、最後の宴を乱舞するかのように…。
その男は担当店舗を臨店中、いつもある光景を目の当たりにし、忸怩たる思いに駆られていた
という。たしかに、われわれは貸金業である。融資さえすればそれでいいのかもしれない。しかし、
それ以前にわれわれは”客商売”であるという当たり前の事実が、どうにも頭から離れない。心
のなかの小さなトゲが引っかかる。お客さまは、どうしてカウンターに座りながら緊張しているのか?
お客さまは、どうして申込書に記入する際、手元が震えているのか? そして、どうしてココには
入りづらい空気がモヤがかかったように漂っているのか? 自問自答を繰り返す日々がしばらく
続いた。そのひらめきは、ひょんなところから生まれた。あるビジネスショーの会場に赴いたその
男は、そこに展示されていた「テレビ電話会議システム」の前でふと足を止めた。フムフムフム…。
頭のなかに駆けめぐった構想をメモに取り、他のブースを見て回るわけでもなく、踵を返して会場
を後にした。コツコツコツ…。歩調のリズムが早くなる。途中、いくぶん口元の筋肉が緩んでいる
のが自分でも解った。そこからは、一気呵成に話を押し進めた。社内では疑問視する声も上が
ったが、「出せば成る!」を信念に、具体的な契約機の開発やシステム構築を進め、サンプル機

が完成した。しかし…。第一印象は「なんとなくブサイクだなぁ」というものだった。もちろん、だれ
に言うでもなく、心のなかでそっと呟いた。いまでは複合機となっているそれも、電話やFAX、
スキャナなどがそれぞれ単体でセットされている代物にすぎない”デカいハコ”だったのである。

 

『むじんくん』の光と陰
1993年7月。梅雨明けの、暑い夏の日。人混みで溢れかえる、東京・新宿アルタ前店に満
を持して投入された『むじんくん』。上のスタジオではタモリが「いいとも!」と絶叫している、
集客力バッグンの地である。こちらも、それにあやかりたいものだ。いやが上にも期待は膨らむ。
しかし…。おおよそ人間の意識のなかに、自動契約機という概念がまったくない時代。多少
なりとも危惧はしていたものの、まさかここまでとは…。『むじんくん』は、その名称のとおり
「無人」のままだった。自動契約機を設置した影響で、店舗は狭くなるわ、オペレーターの教育
は必要になるわ、その目論見は見事にハズれてしまった。奇異なものを見る目、そしてどこから
とも漏れる冷笑。発想の是非はさておき、現場では単なる邪魔モノでしかなかった。しかも、
当初、新宿と博多(福岡)の二か所だけにしか設置していないものだから、大々的に宣伝を
打とうにも手が施せない事情も、また歯痒さに拍車をかけた。街の喧噪をよそに、半年あまり。
その間『むじんくん』は、社内外の悪評不評を一身に受け、そしていつものように「ほぼ無人」
のままくすぶっていた。しかし、転機はそんな時代にやってきた。約半年間、街頭でのチラシ配
布を行ってきた成果が、ポッポッと表れるようになった。それはやがて口コミとして拡がり、類は
友を呼ぶかのごとく利用者が増殖し始めたのだった。そうなれば、シメたものだ。店頭と自動
契約機、どちらが”心理的負担”が小さいかといえば、記すまでもないだろう。その目新しさが

メディアにも紹介され、ある種、社会現象にまで発展した。日本経済が急下降を描くのとは
対照的に、その台数は爆発的に増加の一途をたどった。